安養寺ら~めん誕生秘話

信州みそ発祥の地 安養寺

信州東の玄関口、佐久市にある臨済宗「安養寺」は鎌倉時代の僧・覚心の遺志で開かれたお寺。覚心は、まだ修行時代だった頃、中国に渡ってみそ造りの技術を 学び、日本に戻り各地に広めました。覚心ゆかりの安養寺は信州みそ発祥の地と言われています。そのことを知った現在の第八十七代、田嶋英俊住職は寺周辺の 畑で自ら種をまき、檀家の方と共に大豆を育て始めました。そして江戸時代から続く地元の老舗みそ蔵「(資)和泉屋商店」が、その大豆と佐久平一帯でとれた 米、天然の塩を使い、丹精込めて長期熟成させた味噌を造り上げました。信州みその原点である「安養寺みそ」の復活です。安養寺みそは良い意味で「田舎風 味」。素朴で、本物の味を残しています。ph_01

ご当地ラーメンが誕生!

「ラーメンで元気な街づくりの一翼を担えれば…」そんな熱い思いを持った地元ラーメン店と行政や佐久商工会議所が協力。佐久の豊かな食に関する歴史文化や美味しさを広くPRし、特産物を生み出そうと安養寺みそを使った新たなるご当地ラーメン誕生へと動き出しました。試作会や会議を重ね、美味しくて飽きのこない味を求めて幾多の試行錯誤を繰り返し、ついに「安養寺ら~めん」は完成しました。そんな佐久のご当地ラーメンは進化を続け、取扱い店も増やし、『信州ラーメン界のカリスマ』塚田兼司氏をスーパーバイザーとして迎え、全国に誇る美味しいラーメンを目指しています。安養寺の田嶋住職は「もっともっと地元で愛されるものになっていってもらえたら。お寺の長い歴史のように、安養寺ら~めんもずーっと残していってもらいたい」と語ります。
ph_02

ページを印刷 ページを印刷

信州佐久のご当地ラーメン「安養寺ら~めん」の情報を発信しています。